遺贈

遺贈で財産を分配するには?

あなたは、「相続」と「遺贈」の違いを知っていますか?意外に知らない人が多いのですが、「相続」というのは、亡くなった人が遺言書を書いていなくても、必ず相続人に財産が分配されるようになっています。しかし、「遺贈」に関しては、遺言書に書かれた内容によって、相続人が変わってくるという事なのです。遺言書によっては、財産の全部を贈与すると書かれていた時は、財産の全部になる可能性もあります。もちろん、「遺贈」の対象者となる人は、本来の相続人のほか、誰でも対象者となりうる事が出来ます。
遺贈にもいくつか種類があり、全部で4つの種類があるのです。
まず1つ目の遺贈が包括遺贈というもの。
包括遺贈とは、遺産の全てもしくは、ある1部分を相続人に与えるという事です。1部分というのは、例えば、「A土地を○○に与える」や「遺産の1/4を○○に与える」といった内容です。
2つ目に特定遺贈です。
特定遺贈とは、具体的な財産(土地や物件)に関する財産を分割して与える場合です。例えば、「B土地の1/2を○○に与える」といった内容です。特定遺贈を活用する最大の理由としては、相続人の中に、本来相続人対象者以外の人が入った場合、もめごとになる場合もしばしばあります。そうならないためにも、特定遺贈として、別個に遺贈をしてあげるという民法なのです。
3つ目に負担付遺贈です。
負担遺贈とは、金額の負担を課すのではなく、労働的な負担を課して、それを行えば遺贈を行うという遺贈方法なのです。例えば、「息子Aは私の妻の面倒を死ぬまで見ること」や「私のペットを死ぬまで見ること」等の負担付き遺贈です。負担意外にも、条件や期限を付けた遺贈方法もあるそうです。
4つ目に後継ぎ遺贈です。
先に言っておきますが、こちらについては、あまり実例がないため、あまり利用されていない遺贈方法です。また、法的にも明確に決まっていない部分多いので、いろいろと注意が必要となってきます。どういった遺贈方法なのかと言いますと、「現段階では、財産の全てを妻に与えるが、息子が20歳になった時、財産の半分を息子に与えることとする」といった内容です。

 

サイトマップ

プレーステーション2